8月19日 ハリーの最後の闘病日記。

今日も朝から獣医さんの所に連れて行き、注射を打ってもらう。
やはり獣医さんの所にいくときはすこし張り切る。

先生『かなり痩せましたね…顔の相が変わってきた』

体重を量ると、10㌔ちょうどだという。
病気が発見された時、ハリーは14㌔だったことを考えると
毛で分かりづらいが、かなりガリガリになっている。


そして…昼
足がおぼつかなくなった。
立ち上がるのも辛いのか、ほとんど動かなくなった。


お昼には、ハリーの大好きなお肉や、クリームパン、チョコレートをあげると
本当においしそうに、そしてたくさん食べてくれた。


今日は家族でずっと一緒にいてたが
自分でも分かっているのか、苦しそうな表情をあまり見せなかった。
母親が台所へ行くと心配して立ち上がり、向かおうとし
誰かが部屋を出ても、ずっと目で動きを追いかける。






そして
18時50分
家を出発


19時、獣医さんの所に到着。

最期に待合室でチョコレートを一袋平らげ



先生『この2・3日はやはり辛そうでしたね…』と
やはり、先生もそろそろ限界か、と感じてたらしい。






先生は、注射を2本、用意してくれた。
1本は、睡眠薬。
2本目は…二度と目の覚めない睡眠薬。

2本目を1本でもすぐ楽になる、とは言われたが
犬によっては、暴れることもある、ということで2本打って貰うことにした。




1本目の注射





ゼーゼーして母親に抱きかかえられていたのが
どんどん息が静かになっていく


一生懸命、見えなくなる目で、聞こえなくなる耳で
力の抜けていく足で踏ん張って、家族を探しているのがよく分かった
うつろな目で自分を見てくれているのが辛かった








さらに先生は…2本目の注射を打つ







力が抜けていく四肢
光を失っていく目





最期に『ウゥゥ…』と唸り











 
平成18年 8月19日 19時15分


ハリーは大好きな母親の腕に抱かれて

天国に旅立っていきました。









ほんの、ほんの数十分前まで
チョコレートを食べ
ゼーゼー言いながらも
みんなを見渡していたハリー

ほんの数ヶ月前まで
元気に走り回っていたハリー






よく頑張ったね。

うちに来てくれて、本当にありがとう










更新もちゃんと出来ませんでしたが
少しでも見ていただいた方
心配していただいた方
本当にありがとうございました。


ハリーの闘病日記は、ここで閉じることにします。
[PR]
# by harry-corgi | 2006-08-19 21:07 | 最後の日記。

8月18日

旅行から帰ってくると、ハリーの容態はどんどん悪くなっていた。

食べ物をあまり食べなくなったので、体重がかなり減ってしまった。
筋肉がゴッソリ落ちてしまったので、歩いていてもフラつくように。
寝ていないせいか、黒目の下のほうが白くなってきた。
息がかなりしずらそう。
腸が出血しているようだ。
トイレには朝でも夜中でも3時間に1回連れて行くようになった。

毎日、獣医に行って注射を打って貰っている。
最近は獣医に行くときは少し、元気になる。
身体が少しラクとわかっているのか…


注射を打って、病気が治るならいい
しかし、もう治らない。
今より良くなることは、もう無い。


家族の決断。
あとはそれだけだ。
b0089391_18105572.jpg

[PR]
# by harry-corgi | 2006-08-18 18:11 | 今日の一日。

8月11日

今週、ハリーの誕生日を迎える事が出来た。

ケーキを買い、家族みんなでハリーの前でHAPPY BIRTHDAYを歌うと…


今まで歌に反応しなかったハリーが、ウォウ、ウォウ!と歌に合わせて吠え出した。

強く吠えるのでは無く、まるで歌っているかの様に…

そして、あまり食欲の無い中、ケーキを平らげ…
久しぶりに、嬉しい一日でした。




しかし、現実に目を向けてみると…
首のリンパ腺が喉を圧迫し、ご飯も引っ掛かる状態。
息も浅く、早い。
目は真っ赤。
体温は常に40度近く。

夜中は、ゼーゼー言いながら、しょっちゅう横になる場所を探してうろうろしている。


ただ、ご飯食べたり、散歩にはボテボテ自分で歩いて行くのは、まだいいのだが…
b0089391_12494358.jpg

     ↑一緒に歌ってる?ハリー
[PR]
# by harry-corgi | 2006-08-11 12:50 | 今日の一日。

8月4日

ハリーの調子が日に日に悪くなってきた。
ご飯を食べないので、どんどん痩せてきた。
首のリンパが咽を圧迫し、息もゼーゼー言っている。


8月2日、獣医に連れて行った。
注射を打ってもらい、少しだけ、元気になったっぽい。
熱は40度を超えていた。

8月3日は、再び注射を打ちに行った。
熱はちょっと下がって39度
夕方、ハリーの大好きな知り合いが見舞いに来てくれた。
やつれて呼んでもやって来れないくらい衰弱したハリーをみてショックを受けていた。
しかし、ここ数週間で一番元気に見えるくらい、喜んでいたように見える。
注射のおかげで、ご飯を少し食べてくれた。
散歩もちょっとだけ長く歩いてくれた。


しかし、そろそろ考える時期に来たようだ。
獣医さんは言った
『ハリー君の最期は、家族で話し合って決めてください』


実質の、最期通告。



家族としても、寝れないくらい辛く、食事も満足に取れない今
早く楽にしてあげたほうがいいのでは、という気持ちと

知り合いが来て見せてくれた元気さで
決断がしずらい、という現実。



治るなら、がんばって!と言いたい。
どんな治療でも、お金がかかってもしてやりたい。


しかし、先延ばしをしても
ハリーの容態は悪くなるばかり。


家族では
家族の見守る中…逝かせてあげたい、という気持ち。


しかし
安楽死によって尊い命を絶ってしまっていいのか
それとも、早く楽にしてあげたほうがいいのか


どっちを取っても
後悔することになるかも知れない。





8月10日、ハリーの5歳の誕生日。
もしかしたら、祝う事ができないかもしれない。
b0089391_12445058.jpg

[PR]
# by harry-corgi | 2006-08-04 12:46 | 今日の一日。

7月25日

b0089391_825123.jpg

ハリーの様子は変わらず。
熱があるので、腫れたリンパ腺を冷やすようにベッタリ寝転んでいる。

注射を昨日打ったが、体調はあまり変わらないようだ。

もう少し食欲が出て欲しい。
[PR]
# by harry-corgi | 2006-07-25 08:02 | 今日の一日。

7月20日

ハリーがリンパ腫と診断されて3ヵ月経ちました。

長くても3ヵ月、と最初言われたのが、今でもぼちぼち生活してます。

体調は…本当にゆっくり、ゆっくり下り坂。

首のリンパはかなり大きく、全身のリンパも腫れて来ています。

薬は食べ物に紛れ込ませて今の所食べていますが、薬をかなり警戒しながら食べる様になりました。

動くのもおっくうそうで、前に噛み付いたように、よくイライラしてるのも分かります。


ハリーの最期までこの日記を書ける自信は…正直無い。

でも、やはりうちの大事な、大事な家族であり弟。
過ごしやすい様にフォローしてやりたい。
[PR]
# by harry-corgi | 2006-07-20 08:22 | 今日の一日。

7月13日

b0089391_823689.jpg

ハリーの食欲が減ってきた。
大好きなレトルトのドッグフードも勢いよく食べない。
置いておいたらいつの間にか食べているが。


薬を肉やチーズに巻いてあげても、警戒して見つけ、食べない事も多くなった。
…ハリーの為やのに。



ただ、まだ目の輝きは失ってない。
1番きつい梅雨・夏を無事乗り越えて欲しい…。
[PR]
# by harry-corgi | 2006-07-13 08:02 | 今日の一日。

6月11日

昨晩、ハリーに噛まれた。
ちょっと目つきがおかしいなーと思いながらも、呼んだら来てくれたので撫でたら、いきなり噛みついて来た。

膀胱炎とリンパ腫の為、かなりしんどいのだろう。

ハリー自身、噛んだ事にビックリしたのか、すぐ顔をベロベロ舐めて来た。

リンパ腫の抗生物質、その副作用の膀胱炎を抑える抗生物質、それによるリンパ腫の進行作用。
悪循環だが、今のハリーには少しでもしんどくない様にしてあげるのがいい、とは分かっているが、やはりやり切れないものがある。


…少しでも長く元気でいて欲しい。
[PR]
# by harry-corgi | 2006-07-11 08:11 | 今日の一日。

7月7日

最近のハリーは少し調子がいいようで、ご飯もちゃんと食べるし散歩も行く。

しかし、膀胱炎なので、トイレには時間がかかる様になった。

ハリーは雨が嫌い。
カッパを着せてもあっさり帰って来るので、膀胱炎&梅雨で散歩の回数がどうしても増えてしまう。

さらに、母親しかあまり心を開かない今、母親が家にいれば父親が散歩行こうとしても、一緒に行かないと散歩に行かない。
母親だけで行こうとすると、父親が来るのを待ったりもする。

かなり困ったちゃんになっている。


我が儘にはなっているが、今は目をつぶってあげよう。
[PR]
# by harry-corgi | 2006-07-07 08:01 | 今日の一日。

7月3日

昨日旅行から帰ってきた。
玄関を開けると、ハリーが飛んできて顔を舐めておかえりをしてくれた。
ホッと一安心。

しかし、旅行に旅立った次の日、玄関の20センチの高さを飛び降りれないくらい弱ってたらしい。

獣医に連れて行くと注射を打ってもらった、と。

医者は…
『しんどくなると連れてきてください、注射を打つと元気になります。
ただ、病気は進行します。
ハリー君の場合、この注射のほうがいいでしょう』


こう言ったそうだ。

元気そうなハリーを見ても
喜べなかった。
[PR]
# by harry-corgi | 2006-07-03 22:11 | 今日の一日。